作業員

ねじ通販サイトを利用して発注|キャップボルトやステンレス製ねじ

利用用途と利用環境

ボルト

ネジ規格には様々なものが存在し、それらは利用用途に合わせて選択する必要があります。例えば、メンテナンスや操作のために開閉が頻繁に行われる部分の締結を行う際には、つまみねじと呼ばれるネジ規格を利用します。つまみねじというのは、従来のネジ規格とは異なり、その締結や取り外しに工具を必要としません。つまりは、手の力のみで締結及び取外しを行うことのできる、利便性の高いネジ規格なのです。つまみねじの中でも代表的なものとして、蝶ボルトや蝶ナットと呼ばれるものが挙げられます。それぞれ、使用用途は先程挙げたように、開閉頻度の高い部分の締結での利用になるでしょう。場合によっては、デザイン性を高めるためにつまみねじを利用することもあります。
多種多様なネジ規格について、その利用用途は多岐に渡ります。中には、雨風に晒される屋外設備の部品締結に使用されるものもあるでしょう。そういった場合、利用用途に含めて環境面を考慮した材質選びも重要なものとなります。ネジ規格の材質において、屋外の過酷な環境に適しているものとしてステンレスが挙げられます。ステンレスというのは、汚れが落としやすく劣化もし辛い材質です。ステンレスであれば、雨風に晒されたとしても錆等の劣化が発生しないのです。つまり、ステンレスには高い耐食性があり、屋外においても長期間継続して使用することができるということなのです。その耐食性を実現しているのは、ステンレスの性質でもある不動態被膜にあります。不動態被膜は、ステンレス表面に自動生成されるコーティング材のようなもので、これにより細かい傷や錆、劣化を妨げることができるのです。