作業員

ねじ通販サイトを利用して発注|キャップボルトやステンレス製ねじ

六角穴によるメリット

ボルト

近年、工事事業者の間でキャップボルトと呼ばれるネジ規格が注目を集めています。キャップボルトというのは、従来の六角ボルトとは異なった特徴を持つネジ規格です。従来の六角ボルトというのは、その名称の通り頭部形状が六角のものでした。キャップボルトは、従来のボルトの頭部形状が六角であることに対して、頭部形状に六角穴を採用しているのです。頭部形状を六角穴にしたことによって、得られるメリットというのは大きなものとなりました。ここでは、そのメリットについて知っていきましょう。
頭部形状が六角穴であることにより得られるメリットというのは、ボルト間の省スペース化にあります。従来のボルトというのは、ソケットレンチと呼ばれる工具を用いて締結を行う必要がありました。ソケットレンチを用いた締結では、六角ボルトにソケットレンチを固定するために並び合うボルトとボルトの間にスペースを設けなければなりません。それは、無駄なスペースでした。キャップボルトの場合、使用する工具が六角レンチのため、ボルト間に無駄なスペースを設ける必要がないのです。ボルト間の省スペース化を実現することで、機械のコンパクト化が可能となります。また、ドライバーで締結するネジ規格のように、頭部までネジ穴に収めることができます。つまりは、ボルト間の省スペース化だけでなく、デザイン性も向上させることができるのです。このように、キャップボルトを利用することで得られるメリットというのは、大きなものとなっているのです。