作業員

ねじ通販サイトを利用して発注|キャップボルトやステンレス製ねじ

高い締付力を実現

女性

小ねじとボルトの違いというのは、ナットと組み合わせて使用するかどうかによって決まります。小ねじは単体で使用されますが、ボルトというのはナットと組み合わせて使用されるのです。ボルトとナットを組み合わせる理由というのは、締付強度に関係します。全てのネジ規格というのは、締結されてから長期間経つと様々な要因によって締結が弛んでしまいます。それは、安全性を求められる製品において、改善すべき点です。ボルトとナットを組み合わせることで、ネジ単体で得られる締付強度よりも高い締付強度を得ることが可能となったのです。ここでは、それらの組み合わせによって高い締付力を実現できる理由について知っていきましょう。
ボルトとナットの組み合わせによって実現できる高い締付力というのは、保証荷重応力に関係します。保証荷重応力というのは、締結具が支えることのできる部品の重要な基準です。ボルトとナットには、それぞれに保証荷重応力が決まっています。それらは組み合わせることで、それぞれの合計した保証荷重応力となるのです。つまりは、部品の重量が重く、保証荷重応力が足りないといった状況でも、この二つを組み合わせて足りない保証荷重応力を補うことができるのです。ボルトとナットを組み合わせて高い締付力を実現するためには、適格な組み合わせについても考える必要があるでしょう。それらを組み合わせる場合、それぞれの材質は同じものでなければなりません。締付トルクに関しても、適正な力で締付を行う必要があります。